笑顔の女性とカプセル
  • ホーム
  • ピルによる吐き気などの副作用と心不全などの禁忌症

ピルによる吐き気などの副作用と心不全などの禁忌症

笑顔の女性

女性が毎日服用することによって、ほぼ完璧に近い避妊の効果を上げることができるピルですが、これには特に飲みはじめてからすぐの時期に、いくつかの副作用があらわれやすいという特徴があります。
こうしたピルの副作用としては、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、下痢、不正出血などといったものが多く、重症にはならないものの、女性にとってみれば、かなり不快ではあるものです。
通常の場合であれば、こうした副作用がそのまま継続するということはなく、飲みはじめてからしばらく経過すれば、症状が落ち着くものといえます。
避妊用のピルのなかには女性の卵胞ホルモンと同じようなはたらきをする合成物質が含まれていますが、その濃度がピルによって高まったことによって、身体が慣れるまでの間は、身体が発する違和感が、こうした副作用となってあらわれるというわけです。
もしもあまりにも副作用がひどくて耐えられないという場合には、卵胞ホルモンにあたる物質がより少ない製品を選ぶなどの改善策が考えられる可能性がありますので、医師に相談をしてみるのがよいといえます。
また、ピルにはそのほかにも、血液がかたまりやすくなり、血管をふさいでしまうという、血栓症の副作用があることが知られています。
これは頻度的にはそれほど高くはないとしても、肺や心臓、脳などに影響をおよぼし、重大な症状をもたらす可能性が否定できないことから、副作用のなかでは特に注意すべきものといえます。
そのため、うっ血性心不全や慢性肺疾患、脳血管障害などの病気にすでにかかっている人については、いわゆる禁忌症に該当するものとして、血栓症との関連を考え、ピルを服用することは避けるべきであるといえます。

サイト内検索
人気記事一覧